yomu*yomu

本は酸素。ないと呼吸できません。

   12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< ミステリ十二か月 (中公文庫 (き26-3)) | main | 203号室 (光文社文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
虫眼とアニ眼 (新潮文庫 み 39-1)
評価:
養老 孟司,宮崎 駿
新潮社
¥ 460
(2008-01)
JUGEMテーマ:読書


宮崎駿と養老孟司の対談集。
宮崎作品は子どもの頃から大好き。

作品の雰囲気から、宮崎駿さんに対して
「ニコニコやさしいおじさん」
というイメージを勝手に持っていたけれど、
この本を通して伝わってくる宮崎さんは
わりとクールな視点を持っておられて
少し近寄り難い感じでした。

けれど
世間の風潮に流されることなく、迎合せず
自分の目と頭で感じたことを表現していく

そんなところはとても格好いいと思いました。
| 21:42 | ノンフィクション | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| 21:42 | - | - | - |
Comment
Write?